芭蕉

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】

    【第7回】集まる芸の「心」と「かたち」盛夏の茶事  水無月も鼻つきあはす数寄屋哉  凡兆 旧暦六月は今の七月に相当する酷暑の時期。そんな中、茶室の狭さでは、「鼻をつきあはす」ようだ、というわ…

  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】

    【第2回】お茶と水菓子―「わび」の実際 柳行李片荷は涼し初真瓜  …

  3. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】

    よもに打薺もしどろもどろ哉芭蕉(『芭蕉全発句集』角川ソフィア文庫)…

  4. 【秋の季語】秋めく

    【秋の季語=初秋〜仲秋(8月〜9月)】秋めく【解説】8月・9月はまだ暑い日…

  5. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】

    古池や芭蕉飛こむ水の音仙厓(「芭蕉蛙画賛」)過日、出光美術…

  6. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林

  7. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】

  8. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】

  9. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】

  10. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】

  11. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】

  12. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】

おすすめ記事

  1. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  2. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  3. 【夏の季語】花火
  4. 【#27】約48万字の本作りと体力
  5. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  2. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  3. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  4. 【秋の季語】秋桜
  5. 【冬の季語】凍蝶
PAGE TOP