見える

  1. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】

    さうらしく見えてだんだん鴉の巣大畑善昭先日の句会の兼題は「烏の巣」であった。烏は人間と共存しているので、巣は簡単に見つかると思い、早速、近所の一橋大学キャンパスへ探しに出かけた。敷地内に入り、烏のカ…

  2. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】

    わが家の見えて日ねもす蝶の野良佐藤念腹さとう・ねんぷく連休…

  3. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】

    什器全て鈍器に見えて冬籠今井聖1月14日から大相撲初場所が…

  4. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】

    みどり児のゐて冬瀧の見える家)飯島晴子 掲句は晴子中期とも…

  5. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】

    婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑)飯島晴子 咲き満ちた何本…

  6. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】

  7. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】

  8. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 

  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞

  10. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】

  11. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】

  12. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】

おすすめ記事

  1. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  3. 【春の季語】余寒
  4. 【春の季語】霞
  5. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  2. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  3. 【新年の季語】歌留多会
  4. 【#44】写真の不思議
  5. 【冬の季語】凩(木枯)
PAGE TOP