金魚

  1. 金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし【季語=金魚(夏)】

    金魚大鱗夕焼の空の如きあり松本たかし4月のあと、1か月のお休みをいただき、そして6月……と思っていたのに、水曜のペースに慣れないうちにもう月末になってしまった。梅雨にも入らず、荒々しく気温が変わって…

  2. 【夏の季語】金魚

    観賞用の魚の定番。昔は「金魚売」といって、街中を売り歩く行商人もいたほどだ…

  3. 留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子【季語=金魚(夏)】

    留守の家の金魚に部屋の灯を残し稲畑汀子1か月ぶりの復帰をし…

  4. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭

    「金魚」の一種で、「琉金」の突然変異個体を選別・固定化した品種。江戸時代の寛政年間…

  5. 【新年の季語】獅子頭

    【新年の季語(1月)】獅子頭「獅子舞」に使う、かしらの部分のこと。…

  6. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】

  7. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】

  8. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】

  9. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

  10. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

  11. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  2. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  3. 【冬の季語】短日
  4. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  5. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】成人の日
  2. 【冬の季語】蕪
  3. 【春の季語】野遊
  4. 【秋の季語】白式部
  5. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
PAGE TOP