金魚

  1. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

    露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな攝津幸彦難解と言われているのをよく見かける句である。私としては、どちらかといえば、句の意味をどう解釈すればいいのか云々よりも、どのような「文体」として受け止めるかという方…

  2. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

    金魚すくふ腕にゆらめく水明り千原草之(ちはらそうし))喉元…

  3. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】

    ゆく船に乗る金魚鉢その金魚島田牙城金魚といえば、日本の夏の…

  4. 【夏の季語】金魚/和金 琉金 蘭鋳 出目金 オランダ獅子頭 金魚田

    【解説】観賞用の魚の定番です。昔は「金魚売」といって、街中を売り歩く行商人もいたほど。「金魚すくい…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP