金魚

  1. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭

    「金魚」の一種で、「琉金」の突然変異個体を選別・固定化した品種。江戸時代の寛政年間(1789~1800)に、中国から琉球を経て、長崎に渡来した。当時の日本は鎖国をしていたため、珍しい渡来物を「オランダ物」と呼び珍重…

  2. 【新年の季語】獅子頭

    【新年の季語(1月)】獅子頭「獅子舞」に使う、かしらの部分のこと。…

  3. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】

    水面に閉ぢ込められてゐる金魚茅根知子 盛岡へ旅をした時、2…

  4. 【夏の季語】金魚

    観賞用の魚の定番。昔は「金魚売」といって、街中を売り歩く行商人もいたほどだ…

  5. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】

    金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ)菖蒲あや『路地』1967年…

  6. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】

  7. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

  8. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

  9. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4
  2. 【冬の季語】冬桜
  3. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  4. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】

Pickup記事

  1. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  2. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
PAGE TOP