鳴る

  1. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】

    ときじくのいかづち鳴つて冷やかに岸本尚毅「ときじく」は、「時期に関係ないさま。いつでも」の意。「冷やか」が仲秋で季感としては主となろう。前回の「季すぎ」に続いて季をずらした句を取り上げたい。…

  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

    柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)正岡子規もう数年前の事、筆者の…

  3. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

    柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)正岡子規本を読んでいると、気に…

  4. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】

    水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る()今井肖子〈風鈴〉は、蒸し暑…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  3. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  4. 【春の季語】月朧
  5. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】

Pickup記事

  1. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】
  2. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子
  4. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  5. 【冬の季語】豆撒
PAGE TOP