鳴る

  1. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

    柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)正岡子規もう数年前の事、筆者の姪の婚礼の折に久しぶりに京都を訪れ、式までの僅かな合間に平安期の名刹、東寺へと足を運んだ。ふわりと高みへ浮いた塔と入母屋の大屋根を伏せた金堂…

  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

    柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)正岡子規本を読んでいると、気に…

  3. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】

    水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る()今井肖子〈風鈴〉は、蒸し暑…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP