ハイクノミカタ

シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は

櫂未知子


こういうタイプの句を詠むには、生身の自分を少し曝け出す「開き直り」と、それを句に仕立てて「フィクション化」するという二重の手続きが必要だ。もちろん、句としては遊びで(想像で)作った句かもしれないが、世に出て知られるところになると、作者イメージにそれが加わることになる。と書いてきたのは、私がこの「くちびるが汚れる昼」という言葉から、不本意な情事を想像しているからなのだが、実のところは、昼飯にトマトソースのパスタを食べただけかもしれない。しかし、その「どっちつかず」な「思わせぶり」に伴うミステリーが、やはり作者像に加わることは、否定できない。『カムイ』(2017)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  2. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  3. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  4. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  5. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  6. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  7. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】
  8. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】

おすすめ記事

  1. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  2. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子
  3. 【春の季語】浜下り
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  5. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  6. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
  7. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  9. 【冬の季語】冬
  10. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史

Pickup記事

  1. 【秋の季語】ハロウィン/ハロウィーン
  2. 風邪ごもりかくし置きたる写真見る     安田蚊杖【季語=風邪籠(冬)】
  3. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  4. 【冬の季語】冬に入る
  5. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  6. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  7. 【冬の季語】冬の薔薇
  8. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】
  9. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  10. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
PAGE TOP