ハイクノミカタ

噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

噴水に睡り足らざる男たち 

澤好摩


噴水の周囲のベンチに、うとうととしている男性たちが、ひとりならず、いる。そうした光景に寓話性を見出しうるのは、やはり太陽が最も高い位置にある時間帯だろう。噴水は滔々と吹き出しつづけており、「男たち」は昏々と眠りつづけている。気怠い暑さのなかの単調な水の流れと、おそらく昨日と代わり映えしない「男たち」の日常。その対比によって、本当ならば誰の目にも止まることのない「彼ら」を、この世界のなかで欠かすことのできない、現代の不条理な道化たちへと変貌させている。『返照』(2020)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  2. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】
  3. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  4. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  5. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(…
  6. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  7. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  8. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】…

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP