ハイクノミカタ

噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

噴水に睡り足らざる男たち 

澤好摩


噴水の周囲のベンチに、うとうととしている男性たちが、ひとりならず、いる。そうした光景に寓話性を見出しうるのは、やはり太陽が最も高い位置にある時間帯だろう。噴水は滔々と吹き出しつづけており、「男たち」は昏々と眠りつづけている。気怠い暑さのなかの単調な水の流れと、おそらく昨日と代わり映えしない「男たち」の日常。その対比によって、本当ならば誰の目にも止まることのない「彼ら」を、この世界のなかで欠かすことのできない、現代の不条理な道化たちへと変貌させている。『返照』(2020)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  2. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  3. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  4. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
  5. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】
  6. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  7. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  8. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】

おすすめ記事

  1. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  5. 【秋の季語】秋の蛇
  6. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  7. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  8. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  9. 【冬の季語】風花
  10. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】
  3. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  4. 【夏の季語】夜の秋
  5. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  6. 【冬の季語】掘炬燵
  7. 小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】
  8. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  9. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  10. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
PAGE TOP