ハイクノミカタ

噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

噴水に睡り足らざる男たち 

澤好摩


噴水の周囲のベンチに、うとうととしている男性たちが、ひとりならず、いる。そうした光景に寓話性を見出しうるのは、やはり太陽が最も高い位置にある時間帯だろう。噴水は滔々と吹き出しつづけており、「男たち」は昏々と眠りつづけている。気怠い暑さのなかの単調な水の流れと、おそらく昨日と代わり映えしない「男たち」の日常。その対比によって、本当ならば誰の目にも止まることのない「彼ら」を、この世界のなかで欠かすことのできない、現代の不条理な道化たちへと変貌させている。『返照』(2020)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】…
  2. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  3. 鳥の恋漣の生れ続けたる       中田尚子【季語=鳥の恋(春)…
  4. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  5. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  6. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  7. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  8. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP