ハイクノミカタ

夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏落葉降るや起ちても座りても 

宇多喜代子


時代を感じさせない句だ。かつてあったかもしれないし、なかったかもしれない。常磐木落葉(ときわぎおちば)という季語もあるとおり、夏に葉が落ちるのは、秋になるとどんぐりが落ちる椎や樫などの常緑樹である。ベンチを選んで座ってみても、やはり落ちてくる。そこを厄介に思いながらも、同時に笑っているような、そんな句だ。そういえば、金子兜太には〈夏落葉有髪も禿頭もゆくよ〉なんていう句があった。『森へ』(2018)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  2. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  3. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】
  4. 新涼やむなしく光る貝釦 片山由美子【季語=新涼(秋)】
  5. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  6. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季…
  7. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  8. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP