ハイクノミカタ

夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏落葉降るや起ちても座りても 

宇多喜代子


時代を感じさせない句だ。かつてあったかもしれないし、なかったかもしれない。常磐木落葉(ときわぎおちば)という季語もあるとおり、夏に葉が落ちるのは、秋になるとどんぐりが落ちる椎や樫などの常緑樹である。ベンチを選んで座ってみても、やはり落ちてくる。そこを厄介に思いながらも、同時に笑っているような、そんな句だ。そういえば、金子兜太には〈夏落葉有髪も禿頭もゆくよ〉なんていう句があった。『森へ』(2018)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
  2. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  3. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  4. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  5. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  6. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】
  7. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  8. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP