ハイクノミカタ

旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】


旅いつも雲に抜かれて大花野

岩田奎


2017年に行われた「俳句甲子園」の最優秀賞句。

この一句が想像力の起点としているのは、まぎれもなく「旅」という言葉である。

物質としての言葉としてではなく、読み手に個人的体験を喚起するための身体的なことば。

同時に、『おくのほそ道』を例に出すまでもなく、「旅」は俳諧/俳句史をつらぬくモティーフのひとつでもある。

しかし、わが身を振り返ってみれば、年を重ねれば重ねるほど、脳内を占める雑事は増えるばかり、風に身を預けてしまえるような「旅」はむずかしくなっていく一方。

そのせいか、この「大花野」には、たどりついた瞬間からその存在が霞んでいくような、フィクショナリティを感じる。

それは、ここで江渡華子が書いているように、この「大花野」の正体を、「目標と安定と、バランスがとても取れている世界ではないだろうか」と彼女は書ていることと、ある意味では同じこと。

生きている以上、「目標と安定と、バランスがとても取れている世界」は、そう達成できるものではないからである。

達成した瞬間から、つぎの目標によってバランスは崩れてしまう。その反復される不安定性を、わたしたちは「旅」と呼ぶのだし、そういう不安定性をもたらしてくれるもののことを、わたしたちは「雲」と呼ぶのだ、きっと。

作者は今年、角川俳句賞を受賞することになった。

これまでの最年少記録(田中裕明)を更新しての、21歳での受賞である。

(堀切克洋)


🍀 🍀 🍀 季語「今日の月」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】…
  2. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  3. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  4. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  5. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  6. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  7. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  8. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】蟻穴を出づ
  2. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  3. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  4. 【新年の季語】門の松
  5. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  6. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  7. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  9. 【春の季語】四月馬鹿
  10. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)

Pickup記事

  1. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  2. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  4. 【春の季語】朧夜
  5. 【春の季語】ヒヤシンス
  6. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  7. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  8. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  9. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  10. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
PAGE TOP