ハイクノミカタ

旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】


旅いつも雲に抜かれて大花野

岩田奎


2017年に行われた「俳句甲子園」の最優秀賞句。

この一句が想像力の起点としているのは、まぎれもなく「旅」という言葉である。

物質としての言葉としてではなく、読み手に個人的体験を喚起するための身体的なことば。

同時に、『おくのほそ道』を例に出すまでもなく、「旅」は俳諧/俳句史をつらぬくモティーフのひとつでもある。

しかし、わが身を振り返ってみれば、年を重ねれば重ねるほど、脳内を占める雑事は増えるばかり、風に身を預けてしまえるような「旅」はむずかしくなっていく一方。

そのせいか、この「大花野」には、たどりついた瞬間からその存在が霞んでいくような、フィクショナリティを感じる。

それは、ここで江渡華子が書いているように、この「大花野」の正体を、「目標と安定と、バランスがとても取れている世界ではないだろうか」と彼女は書ていることと、ある意味では同じこと。

生きている以上、「目標と安定と、バランスがとても取れている世界」は、そう達成できるものではないからである。

達成した瞬間から、つぎの目標によってバランスは崩れてしまう。その反復される不安定性を、わたしたちは「旅」と呼ぶのだし、そういう不安定性をもたらしてくれるもののことを、わたしたちは「雲」と呼ぶのだ、きっと。

作者は今年、角川俳句賞を受賞することになった。

これまでの最年少記録(田中裕明)を更新しての、21歳での受賞である。

(堀切克洋)


🍀 🍀 🍀 季語「今日の月」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  2. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 …
  3. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  4. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花…
  5. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  6. 数と俳句(三)/小滝肇
  7. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  8. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】

おすすめ記事

  1. 山又山山桜又山桜 阿波野青畝【季語=山桜(春)】
  2. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  3. 【秋の季語】花野/大花野
  4. 【春の季語】菜の花
  5. 【冬の季語】冬蟹
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  7. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  9. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  10. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】

Pickup記事

  1. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  2. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  3. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  4. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  5. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  7. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  8. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  9. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十五日
  10. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
PAGE TOP