ハイクノミカタ

柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】


柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺

正岡子規 


子規は、「くだもの」というエッセイのなかで、「柿などといふものは従来詩人にも歌よみにも見放されてをるもので、殊に奈良に柿を配合するといふ様な事は思ひもよらなかつたことである」と書いている。

このときの「柿」は、いわゆる甘柿のルーツである御所柿だった。子規は柿を7、8個も平らげていたというけれど、小ぶりな品種なので、さもありなん。いや、8個はやっぱり食べ過ぎか。

御所柿は晩生種なので、早いものでも11月上旬からの収穫となるそうだが、子規が松山での療養生活を切り上げて、奈良に遊んだのもまさに10月下旬のことだった。立冬も間近な晩秋の句なのである。

さらりと療養と書いてしまったが、この句が作られたのは1895年のことで、つまるところ、日清戦争の従軍記者として喀血した、その年の句。

科学的に見ても、柿はとても栄養価が高いので、単に子規が柿好きだったということを超えて、彼にとっての柿は「薬」だったのかもしれない。柿の甘さが、体全体に染み渡っていくかのようだ。

この「栄養/甘さが体に浸透していく感じ」と、「遠くの鐘の音に耳を澄ませる感じ」は、感覚の方向性として、逆を向いている。内側に向く感覚と、外側に向く感覚。

その両方に共通しているのは、感覚刺激がすーっと遠くに消えていくような感覚だ。それはどこか、死ぬときに意識が遠のいてゆく感じと、似ているのかもしれない。

意識が遠のくたび、また柿の甘さが体に染み渡り、そしてまた遠くから鐘の音が聞こえる。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  2. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  3. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  4. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  5. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
  6. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】…
  7. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  8. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】

おすすめ記事

  1. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  2. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  3. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【後編】
  4. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 
  5. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  7. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  8. 【書評】鈴木牛後 第3句集『にれかめる』(角川書店、2017年)
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】
  10. 【毛の俳句】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【20】/片山辰巳
  2. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  3. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  4. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  6. 【新年の季語】元旦
  7. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】
  9. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  10. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
PAGE TOP