ハイクノミカタ

水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】


水道水細し残暑の体育館

野澤みのり 


今年は、8月7日が立秋だった。まだまだ暑い日は続くが、俳句としては「残暑」ということになる。掲句は、中学や高校のころの夏休みの部活の景を思い出す。ひっそりと静まりかえった学校に谺するバスケ部のシューズの音、バレー部のレシーブの痛そうな音、体育館まで聞こえてくる野球部の金属音や無駄に大きな掛け声……きっと冷やして持ってきたペットボトルの水なんてとっくに飲み干してしまっていて、熱されてぬるい水しかでない蛇口の水を飲んでいる。学校の設備もだいぶ老朽化しているのか、「細し」とまでいったところが巧いところで、いっそうの暑さが感じられる。大学生による高校生のための俳句賞「25」より。この句は第3回の秀句(2019)。作者の当時の肩書きは「神奈川県立横浜翠嵐高等学校3年」。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  2. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  3. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】…
  4. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】
  5. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  6. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】
  7. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  8. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  3. 煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子【季語=艾(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  5. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  6. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
  8. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  9. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  3. 【冬の季語】寒の内
  4. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  5. 【#33】台北市の迪化街
  6. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  8. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  9. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
PAGE TOP