ハイクノミカタ

水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水道水細し残暑の体育館

野澤みのり 


今年は、8月7日が立秋だった。まだまだ暑い日は続くが、俳句としては「残暑」ということになる。掲句は、中学や高校のころの夏休みの部活の景を思い出す。ひっそりと静まりかえった学校に谺するバスケ部のシューズの音、バレー部のレシーブの痛そうな音、体育館まで聞こえてくる野球部の金属音や無駄に大きな掛け声……きっと冷やして持ってきたペットボトルの水なんてとっくに飲み干してしまっていて、熱されてぬるい水しかでない蛇口の水を飲んでいる。学校の設備もだいぶ老朽化しているのか、「細し」とまでいったところが巧いところで、いっそうの暑さが感じられる。大学生による高校生のための俳句賞「25」より。この句は第3回の秀句(2019)。作者の当時の肩書きは「神奈川県立横浜翠嵐高等学校3年」。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  2. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)…
  3. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  4. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  5. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  6. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  7. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  8. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP