ハイクノミカタ

水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水道水細し残暑の体育館

野澤みのり 


今年は、8月7日が立秋だった。まだまだ暑い日は続くが、俳句としては「残暑」ということになる。掲句は、中学や高校のころの夏休みの部活の景を思い出す。ひっそりと静まりかえった学校に谺するバスケ部のシューズの音、バレー部のレシーブの痛そうな音、体育館まで聞こえてくる野球部の金属音や無駄に大きな掛け声……きっと冷やして持ってきたペットボトルの水なんてとっくに飲み干してしまっていて、熱されてぬるい水しかでない蛇口の水を飲んでいる。学校の設備もだいぶ老朽化しているのか、「細し」とまでいったところが巧いところで、いっそうの暑さが感じられる。大学生による高校生のための俳句賞「25」より。この句は第3回の秀句(2019)。作者の当時の肩書きは「神奈川県立横浜翠嵐高等学校3年」。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  2. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  3. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】
  4. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  5. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】
  6. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  7. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  8. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP