ハイクノミカタ

虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】


虫籠は死んだら次の虫が来る  

北大路翼


虫籠は虫を容れるためのものである。虫はいつか死ぬ。したがって、虫籠は死んだら次の虫が来る。そういう「論理」が透けて見える非情の句だが、その直後には人間の住んでる世界はどうなのよ、というツッコミが待っている。

つまり、自分が生きている価値などあるのか、ということだが、もちろん、そのような問いの立て方のナイーブさを、作者はよく知っているだろう。

しかし、それほどまでに個人の生がないがしろにされているような社会に、わたしたちはいま、生きている(気がする)。不安になって不安になって仕方がないか、それを覆い隠すかのように、自己という存在の「強さ」を他人に誇示するか。それは逆を向いているようで、実は同じことなのだろう。

そうした「生をないがしろにしている」責任は、政治家や大企業にあるのかもしれないけれど、彼らだって、大臣や取締役といったポスト(=虫籠)のなかで、おおいにみずからの「生をないがしろにしている」のだ。虫籠のような役職や地位という形式性に自己の「強さ」を表象させることで、真の意味で自己とは何かという問いを回避しているにすぎない。

そうした点で、この句の「虫籠」は一種の社会システムの暗喩であり、それゆえに、個人によるシステム批判という読みにつながってゆく。

歌舞伎町を根城にし、「アウトロー俳句」を標榜しながら、サラリーマンとしての顔も(じつは)もっていた作者だが、勤め人であることをやめたそうだ。

われわれは、虫籠のなかから出ることはできない以上、虫籠のなかでは好き勝手やるしかない。もっとも「好きなように生きる」こともまた、自己の「強さ」なのかもしれないが、そこにはもっとわかりやすく「傷つきやすさ」が張り付いている。裸一貫で勝負している潔さがある。

ところで技巧的にいえば、「虫籠は」という主題の提示によって、「(今の虫が)死んだら」という省略があるのが、隠し味です(あたりまえですけど、虫籠は死なないですからね)。

『見えない傷』(2020)より。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】
  2. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 
  3. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】…
  4. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  5. ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼【季語=大晦日(冬)】
  6. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  7. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  8. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】

おすすめ記事

  1. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  2. 【新年の季語】門の松
  3. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  4. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】
  5. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 
  6. 【秋の季語】花野/大花野
  7. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第71回】 志摩と友岡子郷
  9. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  10. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  2. 【秋の季語】朝顔
  3. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  4. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  5. 【新年の季語】雑煮
  6. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  7. 【冬の季語】立冬
  8. 小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】
  9. 或るときのたつた一つの干葡萄 阿部青鞋
  10. 【春の季語】恋の猫
PAGE TOP