ハイクノミカタ

風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】


風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値

石田波郷 


一般にはそれほど知られていないかもしれないが、波郷の代表句のひとつ。

個人の境涯というよりは、戦後から間もない社会を詠った句で、評論家の筑紫磐井は、この句が「波郷の中では、最も社会性俳句に近い」と述べている。

つまり、「時代」が前書になっているということだ。「値」といっている以上は、それが自分から遠く感じられるほど、高価だったのだろう。

「風の日や風吹きすさぶ」という前半の表現からは、焦土と化した東京で、ただ風があるばかり、という寒々しい光景が浮かぶ。

同じ句集『雨覆』の少し前には、〈短夜の目をつむらねば飢餓の国〉がある。焦土の砂町に引っ越した直後のことだ。

とはいえ最近は、サンマも高くなった気がする。スーパーで「1尾100円」で売られていることさえ、あまり見なくなった。昔は「3尾で100円」とかも、よく見かけたような気がするんだけど。

サンマは北太平洋の温帯・亜寒帯域に生息しているので、温暖化で海水の温度が上昇すれば、当然、日本近海にはやってこなくなる。

1950〜60年代前半は、年間の水揚量が40万~60万トンに達することもあったが、90年以降は30万トンを超えることはほとんどなく、2019年に至ってはなんと「4万トン」!

いやはや庶民にとって、サンマの値札に「風吹きすさぶ」日は、わりと日常化しているのかもしれない。

「コレラ船」の句が、新型コロナウイルス騒ぎで、リアリティを復活させたように、ここのところの温暖化で、文脈は異なるけれど、この波郷の句もそのうちリアルに感じられる日も案外近いかもしれない。

いや、それよりも先に「秋刀魚」自体が、絶滅季語化されてしまうのか?

それは困る。

なんとしてでも、温暖化を食い止めなければならない。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  2. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  3. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  4. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  5. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  6. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬…
  7. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  8. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】

おすすめ記事

  1. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  2. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  3. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
  4. 【冬の季語】八手の花
  5. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  6. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  7. 梅咲きぬ温泉は爪の伸び易き 梶井基次郎【季語=梅(春)】
  8. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  9. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  10. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  3. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  5. 【秋の季語】梨
  6. 【冬の季語】蕪
  7. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
  8. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  9. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
PAGE TOP