ハイクノミカタ

風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】


風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値

石田波郷 


一般にはそれほど知られていないかもしれないが、波郷の代表句のひとつ。

個人の境涯というよりは、戦後から間もない社会を詠った句で、評論家の筑紫磐井は、この句が「波郷の中では、最も社会性俳句に近い」と述べている。

つまり、「時代」が前書になっているということだ。「値」といっている以上は、それが自分から遠く感じられるほど、高価だったのだろう。

「風の日や風吹きすさぶ」という前半の表現からは、焦土と化した東京で、ただ風があるばかり、という寒々しい光景が浮かぶ。

同じ句集『雨覆』の少し前には、〈短夜の目をつむらねば飢餓の国〉がある。焦土の砂町に引っ越した直後のことだ。

とはいえ最近は、サンマも高くなった気がする。スーパーで「1尾100円」で売られていることさえ、あまり見なくなった。昔は「3尾で100円」とかも、よく見かけたような気がするんだけど。

サンマは北太平洋の温帯・亜寒帯域に生息しているので、温暖化で海水の温度が上昇すれば、当然、日本近海にはやってこなくなる。

1950〜60年代前半は、年間の水揚量が40万~60万トンに達することもあったが、90年以降は30万トンを超えることはほとんどなく、2019年に至ってはなんと「4万トン」!

いやはや庶民にとって、サンマの値札に「風吹きすさぶ」日は、わりと日常化しているのかもしれない。

「コレラ船」の句が、新型コロナウイルス騒ぎで、リアリティを復活させたように、ここのところの温暖化で、文脈は異なるけれど、この波郷の句もそのうちリアルに感じられる日も案外近いかもしれない。

いや、それよりも先に「秋刀魚」自体が、絶滅季語化されてしまうのか?

それは困る。

なんとしてでも、温暖化を食い止めなければならない。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  2. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  3. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】
  4. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 …
  5. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  6. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  7. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  8. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)…

おすすめ記事

  1. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  2. 【毛の俳句】
  3. つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子【季語=燕(春)】
  4. 【夏の季語】蜘蛛
  5. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  6. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
  8. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  9. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  10. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】

Pickup記事

  1. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  4. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  5. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  6. 【#27】約48万字の本作りと体力
  7. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼
  9. 【夏の季語】香水
  10. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
PAGE TOP