ハイクノミカタ

馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】


馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す

永田耕衣


たとえば、夫婦はだんだん顔が似てくるという。

ちょっと眉唾だとは思うが、何度も聴かされているうちに、たいしたことない曲が耳から離れなくなって、いつしか「名曲」になってしまうように、繰り返し見ているものが、だんだん自分の美意識を侵食してくるということは、確かにあるのかもしれない。

そういう面でいうと、犬を飼っている人は、かなりの確率で、犬そっくりである。

あれは、似てくるというよりも、飼い犬を選ぶこと自体が、すでにひとつの美学的行為なのだと思う。

では、馬鈴薯(じゃがいも)を掘っている人が、馬鈴薯に似てくるかというと、もしかしたらそうかもしれない。

確かに、キュウリをもいでいてもキュウリのような顔にはならないし、スイカを収穫していてもスイカのような顔にはならない。

「きゅうり」や「スイカ」が人間の顔とは、ほど遠いなりをしているからである。

しかし、「じゃがいも」はちがう。

里芋や長芋と比べてみても、ある種の人間の「顔」に近似している。

ほとんど顔だ、と言ってみてもよい。

とはいえ、それがどんな顔であるかを写実的に描写することはできない。

むしろ、人間の顔が顔らしさを失って、馬鈴薯に接近していることが、この句では何よりも重要なことなのだ。

人間起源馬鈴薯説。

そうだ、原始人間は、馬鈴薯だったのかもしれない。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  2. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  3. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  4. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  5. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  6. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  7. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  8. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  2. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  3. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  4. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  5. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  6. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】
  7. 【新年の季語】歌留多
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞
  9. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  10. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】

Pickup記事

  1. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  2. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】
  3. 【冬の季語】枯蓮
  4. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  5. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  6. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  7. 【春の季語】鳥の妻恋
  8. 【#14】「流れ」について
  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  10. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
PAGE TOP