ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【ラジオ】

ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】

◆今回は、夏の沖縄から安里琉太くんを迎えてのスペシャル🦒
冒頭から、だいぶお聞き苦しいところもありますが、どうかご視聴ください🏄

(※諸事情により公開がだいぶ遅れてしまいましたが、実を言うと、収録自体は2023年4月ごろです。放送後半に、第14回田中裕明賞についての言及がありますが、選考会よりもかなり前の収録です。どうかご了承ください…)


○もちろん各種ポッドキャストからも絶賛配信中!

Apple Podcastをお使いの方

Spotifyをお使いの方

Google Podcastをお使いの方

Anchorをお使いの方

Amazon Musicをお使いの方

Youtubeでご覧になりたい方(チャンネル登録もお願いします!)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  2. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  3. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】咳
  2. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】
  3. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  4. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  5. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  6. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  8. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  9. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)
  10. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  2. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  3. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】
  4. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  5. 【秋の季語】秋の風
  6. マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人【季語=芥子の花(夏)】
  7. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  8. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】
  9. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
PAGE TOP