連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス


わが家のクスクス

Couscous à la maison


Facebookに、「思い出」という機能がありますね。
過去の同じ日付の投稿が、その日限りで見られるというもの。ほんの1年や2年前のことも、意外と忘れていたりするものです。

その「思い出」機能が教えてくれたところによると、数年前のゴールデンウィーク、学年の違う大学生たちがわが家に集まって、みんなでクスクスを食べたのでした。

クスクスは人が集まるときのわが家の定番メニュー。ちょくちょく作ってはいるのですが、この時は息子、娘、娘の友人、私の友人の娘、新一年生から留年の5年生まで、食べて喋って賑やかだったのを思い出しました。

クスクスは、小麦粉で作られた細かい粒のパスタの一種。それにスープで煮込んだ肉や野菜をかけて食べる料理も、「クスクス」と呼ばれます。
モロッコ・チュニジア・アルジェリアといった北アフリカの国々の郷土料理なのですが、フランスは「マグレブ」と呼ばれるこの地域との関わりが古く、クスクスはフランスでもとてもポピュラーなたべものとなっています。

わが家のクスクスは、鶏の骨つきもも肉とたっぷりの香辛料でスープを煮込み、大きく切ったズッキーニ、セロリ、蕪や人参をごろごろ入れます。羊か牛赤身のひき肉で作った肉団子と、スパイシーなソーセージも欠かせません。

きのうは立夏。
若葉の眩しい季節ですね。
若い人たちの学びや交流の場が、はやく元通りになることを願うばかりです。

しまうまがシヤツ着て跳ねて夏来る  富安風生

季語【夏来る】【立夏】【若葉】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たか…
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
  7. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋につい…
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ

おすすめ記事

  1. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  2. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  3. 風邪ごもりかくし置きたる写真見る     安田蚊杖【季語=風邪籠(冬)】
  4. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  5. 麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子【季語=春(春)】
  6. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  7. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
  8. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  9. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  10. 【冬の季語】大晦日

Pickup記事

  1. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  2. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】
  3. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  5. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  6. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  7. 【春の季語】卒業す
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】
  9. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
PAGE TOP