連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け


いくらの醤油漬け

oeufs de saumon marinés à la sauce soja


魚屋さんに「今日は生鮭が良いよ!筋子もキレイよー!」と声をかけられ、生筋子を衝動買いしてしまいました。秋鮭が旬を迎えていますね。

塩を入れたお湯でほぐして、出し昆布・酒・みりん・醤油を合わせたたれに漬け、きれいに透き通ったらいったん冷凍します(アニキサス除去のため)。

以前友人から「9月中のいくらは小粒で柔らか、10月に入ると皮が固くなる」と聞きました。わたしはどちらも好きですが、時期の短い生筋子、次に出会える保証はないので、9月の出回りはじめに一度は買っておくことにしています。

自分でほぐすと、いくらで買うよりずっとお得。炊きたてのご飯にたっぷりのせて食べられます。新米の出るのも楽しみですね。

ところで「イクラ」は、ロシア語の外来語。日本語では「はらこ」「はららご」(鮞)が元来の呼び方のようです。
鮭打、鮭小屋といった、鮭漁につわる季語もあります。産卵のために遡上してきた鮭を、木を削って作った「鮭打棒」で叩いて獲るのが「鮭打」。古来の漁法が、季語の中に名残を留めているのですね。

水裂いて今生の鮭のぼりけり  大串章

季語【鮭】【初鮭】【鮞】【はららご】【はらこ】【筋子】【いくら】【鮭打】【鮭網】【新米】【今年米】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  2. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初…
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  8. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦

おすすめ記事

  1. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  3. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  4. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【前編】
  5. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  6. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  7. 【秋の季語】台風(颱風)
  8. 【春の季語】風光る
  9. 【春の季語】うららか
  10. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花

Pickup記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  2. 【冬の季語】雪折
  3. 【新年の季語】小豆粥
  4. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  5. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  7. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  8. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  9. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  10. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
PAGE TOP