「駒草」

  1. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】

    手袋に切符一人に戻りたる浅川芳直人は一人で生まれ、一人で死んでゆく。人生の大半は家族や仲間と一緒に過ごすが、生涯の始まる前と終わった後は一人なのだ。様々な別れも、もともとは一人だったのだから…

  2. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】

    室咲きをきりきり締めて届きたり蓬田紀枝子「先生の句は難しい…

  3. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】

    わが腕は翼風花抱き受け世古諏訪掲句は、句集『醉芙蓉』より。…

  4. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】

    冬蟹に尿ればどつと裏返る只野柯舟只野柯舟は終戦直後の冬至の…

  5. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】

    いつよりも長く頭を下げ初詣八木澤高原八木澤高原(1907~…

  6. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】

  7. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】

  8. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】

  9. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】

  10. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

  11. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】

  12. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  2. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  3. 【冬の季語】日向ぼこ
  4. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  5. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】葱の花
  2. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  3. 鳥不意に人語を発す更衣 有馬朗人【季語=更衣(夏)】
  4. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  5. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】
PAGE TOP