1. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 

    鳥の巣に鳥が入つてゆくところ)波多野爽波『鋪道の花』何度読んでも気持ちのよい句だ。「鳥」というざっくりした把握と「入」るという無機質な言い方は、あたかも観察者がいないかのような、句だけがそこに浮かん…

  2. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 

    北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり)平川靖子『北海道俳句年鑑2022』より…

  3. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】

    薄氷の吹かれて端の重なれる深見けん二平成に発表された人気の…

  4. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 

    血を分けし者の寝息と梟と)遠藤由樹子残念ながら、いまだ野生…

  5. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

    笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも)中村苑子笹鳴きは、茂みの中…

  6. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 

  7. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

  8. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】

  9. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】

  10. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

  11. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】

  12. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP