1. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】

    雀来て紅梅はまだこどもの木成田千空 平成10年(1998・千空77歳)、千空は第四句集『白光』により蛇笏賞を受賞した。この時の選考委員は、飯田龍太、藤田湘子、森澄雄そして金子兜太であった。授賞式の際…

  2. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】

    日記買ふよく働いて肥満して西川火尖日本に住んでいて良かった…

  3. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】

    酔うて泣きデザートを食ひ年忘岸本尚毅 忘年会の季節がやって…

  4. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】

    雪の速さで降りてゆくエレベーター正木ゆう子  エレベーター…

  5. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】

    水吸うて新聞あをし花八ツ手森賀まり色ってグラデーションだ。…

  6. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】

  7. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】

  8. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】

  9. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】

  10. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】

  11. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

  12. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】雨水
  2. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  3. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  4. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  5. シゴハイ【第4回】中井汰浪(「浪乃音酒造」蔵元)

Pickup記事

  1. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  2. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  3. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  4. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
PAGE TOP