1. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】

    水喧嘩恋のもつれも加はりて相島虚吼(『虚吼句集』) 田植えを終え、青田になる頃に起きる村同士の水喧嘩。流れてくる川の水を上流の田んぼが引きすぎてしまうと、下流の田んぼに水が回らない。旱梅雨の時には、…

  2. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】

    赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな稲畑汀子先週の土曜日、鎌倉虚子…

  3. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】

    白い部屋メロンのありてその匂ひ)上田信治『リボン』(邑書林 2017年)…

  4. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】

    虎の尾を一本持つて恋人来小林貴子(『北斗七星』) デートの…

  5. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】

    白魚の命の透けて水動く稲畑汀子手前味噌で恐縮だが、筆者が所…

  6. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】

  7. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】

  8. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】

  9. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】

  10. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】

  11. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】

  12. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP