1. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

    辛酸のほどは椿の絵をかけて)飯島晴子辛酸の「ほど」とは。「程度」という意味にもとれるし、「ご検討のほどよろしくお願いします」のような「ほど」ともとれる。前者の場合には、椿の絵をかけることによって、辛…

  2. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】

    室咲きをきりきり締めて届きたり蓬田紀枝子「先生の句は難しい…

  3. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】

    什器全て鈍器に見えて冬籠今井聖1月14日から大相撲初場所が…

  4. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】

    年逝くや兎は頰を震はせて)飯島晴子 晴子に兎の句、雪兎の句…

  5. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】

    破門状書いて破れば時雨かな詠み人知らず レターセットはだい…

  6. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】

  7. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】

  8. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】

  9. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】

  10. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】

  11. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】

  12. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】

おすすめ記事

  1. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  2. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  3. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  4. 【冬の季語】日向ぼこ
  5. 【秋の季語】コスモス

Pickup記事

  1. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  2. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  3. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  5. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
PAGE TOP