1. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 

    血を分けし者の寝息と梟と)遠藤由樹子残念ながら、いまだ野生のフクロウを見たことも、鳴き声を聞いたこともない。野鳥観察をしているといっても、基本的に自転車で行ける範囲なので、せいぜい家から十数キロの平…

  2. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

    笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも)中村苑子笹鳴きは、茂みの中…

  3. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 

    さしあたり坐つてゐるか鵆(ちどり)見て)飯島晴子ち‐どり【…

  4. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

    息触れて初夢ふたつ響きあふ正木ゆう子(『水晶体』) どんな…

  5. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】

    集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か池田澄子(『シリーズ自句自解Ⅰベスト1…

  6. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】

  7. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

  8. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】

  9. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

  10. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】

  11. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】

  12. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP