1. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆

    つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ 先に時が満ちてて岡井隆耽美的な景である。月光の中に垂れている花梨の実は青く、量感ゆたかにそこにある。この上の句は、その気になればこれだけで俳句としての一句…

  2. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】

    颱風の去つて玄界灘の月)中村吉右衛門 大村雅朗という編曲家…

  3. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔

    海に出て綿菓子買えるところなし大高翔(「鳩よ!」1997年8月号)…

  4. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】

    サフランもつて迅い太子についてゆく)飯島晴子 難解をもって…

  5. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】

    ときじくのいかづち鳴つて冷やかに岸本尚毅「ときじく」は、「…

  6. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】

  7. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】

  8. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】

  9. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】

  10. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】

  11. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】

  12. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP