1. 楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男【季語=夏雲(夏)】

    楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲秋元不死男雲はみていて飽きることがない。スマートフォンのカメラ機能で、写真をたくさん撮ってしまうこともある。実にさまざまなかたちをしていて、そのかたちも次々と変わって変化…

  2. 鯖買ふと決めて出てゆく茂かな 岩田由美【季語=鯖・茂(夏)】

    鯖買ふと決めて出てゆく茂かな岩田由美昨年、俳人協会の第7回…

  3. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】

    頭を垂れて汗の男ら堂に満つ高山れおな今週から、関東地方は梅…

  4. 花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子【季語=花いばら(夏)】

    花いばら髪ふれあひてめざめあふ小池文子(『木靴』)幼い頃は…

  5. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

    すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる阿部完市(『にもつは絵馬』昭和49年)…

  6. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】

  7. 性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實【季語=鮎(夏)】

  8. マンホール出て蝙蝠となる男 小浜杜子男【季語=蝙蝠(夏)】

  9. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】

  10. しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】

  11. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】

  12. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】桐の花
  2. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  4. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】
  5. 【新年の季語】小正月

Pickup記事

  1. 飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀【季語=蝶・蜂(春)】
  2. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  3. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  4. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  5. 【冬の季語】冬日和
PAGE TOP