なり

  1. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】

    わが畑もおそろかならず麦は穂に篠田悌二郎(秋桜子編「聖戦俳句集」1933年)今、作者名その他の情報を入れずにこの句を読んだとしたら、どう鑑賞されるであろう。趣味の自家菜園で麦を作るというのはあまり聞…

  2. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】

    きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ齋藤玄立秋を過ぎ、はやキリ…

  3. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】

    ひまわりと俺たちなんだか美男子なり谷佳紀セクト・ポクリット…

  4. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】

    水底を涼しき風のわたるなり会津八一(上村占魚『会津八一俳句私解』昭和58年…

  5. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】

    吸呑の中の新茶の色なりし梅田津新茶を買ってきた。ボジョレー…

  6. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】

おすすめ記事

  1. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  2. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  3. 【冬の季語】待春
  4. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  5. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】

Pickup記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  2. 【春の季語】鳥の恋
  3. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  4. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  5. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
PAGE TOP