なり

  1. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】

    プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ石田波郷以前鑑賞した「あえかなる薔薇撰りをれば春の雷」や教科書でもよく見かける「バスを待ち大路の春をうたがはず」などと同じく、この句も第一句集『鶴の眼』に所載されてい…

  2. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】

    あたゝかな雨が降るなり枯葎正岡子規(高浜虚子選『子規句集』岩波文庫)…

  3. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】

    薄氷の筥(はこ)の中なる逢瀬かな大木孝子(『柞繭』) 梅の…

  4. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】

    大年やおのづからなる梁響芝不器男(『芝不器男句集』1965年)…

  5. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】

    暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり鈴木六林男(『谷間の旗』1955年)…

  6. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

  7. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑

  8. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】

  9. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

  10. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】

  11. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】

  12. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP