冬木

  1. 【冬の季語】冬木立

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬木立【解説】冬の樹木である「冬木」が群立している様子のこと。「冬木」「枯木」「裸木」「寒木(かんぼく)」などが一本の木を思わせるのに対して、「冬木立」は木が並んでいるという…

  2. 【冬の季語】枯木

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】枯木冬になって葉を落として枯れた「…

  3. 【冬の季語】枯木立

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】枯木立枝をあらわにした「枯木」が群…

  4. 【冬の季語】寒木

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】寒木冬になって枝ばかりになった木の…

  5. 【冬の季語】冬木

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬木文字通り冬の木の総称として用い…

  6. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】

  7. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】

おすすめ記事

  1. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  2. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  3. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  4. 恋人はめんどうな人さくらんぼ 畑耕一【季語=さくらんぼ(夏)】
  5. 【冬の季語】冬木

Pickup記事

  1. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  2. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
  5. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
PAGE TOP