卒業

  1. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】

    卒業す片恋少女鮮烈に加藤楸邨(『吹越』)春の別れ、それは卒業式。憧れの先輩も同級生もみな新しい生活へと旅立ってゆく。もう、一緒に机を並べることもなければ、校舎ですれ違うこともない。だから、最後に渾身…

  2. 【春の季語】卒業す

    【春の季語=仲春(3月)】卒業す学校の全課程を学び終えて、「卒業」…

  3. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】

    卒業歌ぴたりと止みて後は風岩田由美今日は、「3月9日」。日…

  4. 【春の季語】卒業歌

    【春の季語=仲春(3月)】卒業歌「卒業」をテーマとした歌のこと。…

  5. 【春の季語】三月

    【春の季語=仲春(3月)】三月 新暦の3月には「啓蟄」(3月5日、…

  6. 【春の季語】卒業

  7. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】

  8. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二

  9. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】

  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  2. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  3. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  4. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  5. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】

Pickup記事

  1. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
  4. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  5. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
PAGE TOP