待春

  1. 【冬の季語】春近し

    【冬の季語=晩冬(1月)】春近し【ミニ解説】暦の上では春は「立春」(2月4日ごろ)。春の到来を待ち望むこころもちを表すのが「春待つ」「春を待つ」「待春」という季語。「春近し」というと、自分の外側の世…

  2. 【冬の季語】春を待つ

    【冬の季語=晩冬(1月)】春を待つ暦の上では春は「立春」(2月4日…

  3. 【冬の季語】春待つ

    【冬の季語=晩冬(1月)】春待つ【ミニ解説】暦の上では春は「立春」(2月4…

  4. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】

    待春やうどんに絡む卵の黄杉山久子卵を一つ、電子レンジ対応の…

  5. 【冬の季語】待春

    【冬の季語=晩冬(1月)】待春【解説】日脚が伸びてきて、梅の花もほころびは…

  6. 【冬の季語】日脚伸ぶ

  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  2. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  3. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  4. 【春の季語】余寒
  5. 【夏の季語】滝

Pickup記事

  1. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】
  2. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  3. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  4. 楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男【季語=夏雲(夏)】
  5. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
PAGE TOP