椿

  1. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

    辛酸のほどは椿の絵をかけて)飯島晴子辛酸の「ほど」とは。「程度」という意味にもとれるし、「ご検討のほどよろしくお願いします」のような「ほど」ともとれる。前者の場合には、椿の絵をかけることによって、辛…

  2. 【春の季語】椿

    【春の季語=三春(2月〜4月)】椿春先、つやつやした肉厚の葉の中に…

  3. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)

    【春の季語=晩春(4月)】虚子忌(虚子の忌)俳人・高濱虚子の忌日。「仏生会…

  4. 【春の季語】落椿

    【春の季語=三春(2月〜4月)】落椿春先、つやつやした肉厚の葉の中…

  5. 【春の季語】白椿

    【春の季語=三春(2月〜4月)】白椿白い「椿」である。…

  6. 【春の季語】椿寿忌

  7. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】

  8. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 

  9. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

おすすめ記事

  1. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  2. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  4. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  5. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】

Pickup記事

  1. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  3. 【秋の季語】曼珠沙華
  4. 【春の季語】鰊
  5. 【秋の季語】林檎
PAGE TOP