短日

  1. 【春の季語】永き日

    【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日「日永」のこと。「永日」とも。【永き日(上五)】永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城永き…

  2. 【春の季語】日永

    【春の季語=三春(2月〜4月)】日永晩冬には「日脚伸ぶ」という季語…

  3. 【冬の季語】短日

    【冬の季語=初冬〜仲冬(11〜12月)】短日「冬至」に向かっていくころ、い…

  4. 【冬の季語】暮早し

    【冬の季語=初冬〜仲冬(11〜12月)】暮早し【ミニ解説】「短日」「日短」…

  5. 【冬の季語】日短

    【冬の季語=初冬〜仲冬(11〜12月)】日短【ミニ解説】「短日(たんじつ)…

  6. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】

  7. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏至
  2. 【冬の季語】夕霧忌
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  4. 【冬の季語】鯨
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二

Pickup記事

  1. 【夏の季語】百合
  2. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  3. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  4. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  5. 少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女【季語=鶯(春)】 
PAGE TOP