言う

  1. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】

    「十六夜ネ」といった女と別れけり永六輔 高校時代、ありがとうをいつも「サンキュ」という同級生がいた。特に特徴のない言葉なのだがやはりありがとうの方が主流だし「サンキュー」でなく「サンキュ」である点も…

  2. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

    葛の花来るなと言つたではないか飯島晴子颱風の被害にあわれた…

  3. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】

    妻が言へり杏咲き満ち恋したしと草間時彦(『中年』) 妻に「…

  4. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】

    卓に組む十指もの言ふ夜の秋)岡本眸 刑事コロンボが犯人にボ…

  5. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】

    枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」)林 翔特に理由もない…

  6. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】

  7. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】

  8. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】

おすすめ記事

  1. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  2. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  3. 【春の季語】春二番
  4. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回

Pickup記事

  1. 【俳書探訪】井上泰至『俳句のマナー、俳句のスタイル』(本阿弥書店)
  2. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  4. 【冬の季語】火事
  5. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
PAGE TOP