追儺

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏

    方相氏戟をかまへて突つ立つたり松尾いはほ昭和五年『ホトトギス雑詠選集冬』『ホトトギス雑詠選集』「追儺」の項目より。松尾巌は京都帝国大学医学部で内科教授を務めた。大谷句仏に俳句を学び、のち五十嵐播水、…

  2. 【冬の季語】節分

    【冬の季語=晩冬(2月)】節分「立春」(毎年2月4日ごろ)の前日の…

  3. 【冬の季語】追儺

    【冬の季語=晩冬(2月)】追儺「立春」前日、すなわち「節分」に邪気…

  4. 【冬の季語】鬼やらい

    【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらい「節分」に「豆を撒く」こと。動詞…

  5. 【冬の季語】節分会

    【冬の季語=晩冬(2月)】節分会寺などで行われる大々的な「節分」行事を「節…

  6. 【冬の季語】鬼やらう

  7. 【冬の季語】豆撒く

  8. 【冬の季語】豆撒

おすすめ記事

  1. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  2. 【冬の季語】枯木立
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】
  4. 【秋の季語】銀漢
  5. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】成人の日
  2. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  3. 【冬の季語】水鳥
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第55回】 甲府盆地と福田甲子雄
  5. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
PAGE TOP