季語・歳時記

【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ

【夏の季語(晩夏=7月)】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 夏逝く 夏惜しむ

【解説】夏の終わりのこと。俳句ではもともと「季節を惜しむ」のは春か秋のどちらかでしたが、お盆や戦争の記憶とも結びついた「8月の暑さ」とは違った、「7月の暑さ」が終わっていくことを「夏惜しむ」というようになりました。「秋近し」や「夜の秋」というと、晩夏の涼しさのほうにウエイトがおかれますが、「夏の果」というと、「まだ暑さはつづくけれど…」という感じがありますね。

【関連季語】秋近し、夜の秋、晩夏など。

【夏惜しむ】
夏惜しむフランスパンも男根も     高野ムツオ
夏惜しむ岬の先に火を焚きて      遠藤若狭男
一湾の弓なりに夏惜しみけり      片山由美子
夏惜しむサーフボードの疵なでて    黛 まどか

【夏の果・夏果】
めんどりの尻蹴つてああ夏の果     藤田湘子
川水の濁りに添うて夏の果       桂信子
夏果ての男は乳首のみ老いず      能村登四郎
転住の町の地図買ふ夏の果       村上喜代子
山奥に真鯉のあをき夏の果       長谷川櫂

【夏行く・行夏】
ゆく夏の幾山越えて夕日去る      飯田龍太

【夏終る】
夏終る見知らぬノッポ町歩き      阿部完市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  2. 【秋の季語】朝顔
  3. 【冬の季語】夕霧忌
  4. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  5. 【新年の季語】なまはげ
  6. 【冬の季語】冬木の芽
  7. 【冬の季語】着ぶくれ
  8. 【春の季語】春の夢

おすすめ記事

  1. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  2. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  3. 【冬の季語】室咲
  4. 【秋の季語】檸檬
  5. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】
  6. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 
  7. 【春の季語】春月
  8. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  9. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】

Pickup記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  3. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  6. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  7. 【夏の季語】田植
  8. 【春の季語】海苔
  9. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  10. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
PAGE TOP