ハイクノミカタ

へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】


へたな字で書く瀞芋を農家売る

阿波野青畝


「瀞芋」には「とろいも」とルビが振ってある。「とろろいも」、つまり「山芋」のことであろう。

おそらく農家が露地で売っているところに、雑な字で書かれているのだが、その地では「とろいも」という呼び方が一般的であったことは理解できるとして、問題はその農家の人が、どうしてこんな難しい漢字を使って、わざわざ書いたのかだ。

そう思って句集をよく見てみたら、「秩父長瀞。」と前書が付してある。

ああ、なるほど。ながとろ。こんな難しい字が使われている土地があるのだ。

北関東についての知識がぺらぺらでごめんなさい。

長瀞町の観光協会の公式サイトをみても、特段、「山芋」の名産地というわけではなさそうだが、自然豊かなエリアで、水運もよく、ラフティングなども楽しめるようだ。

最近の有名な句で、〈絵も文字も下手な看板海の家  小野あらた〉があるけれど、こちらは「海の家」のプレハブ感があらわれたもの。しかし、こちらの長瀞俳句は、同じように「へたな字」だけれど、その場しのぎで適当なわけでは、もちろんない。

1965年の作だから、字を書いた農家の人は、けっして十分な教育を受けて来たわけではないだろうけれど、しかし「へた」ながらもきちんと、「トロ」などとカナ表記をせずに「瀞」と書いているあたりに、土地に対する愛着が感じられる。

そんな愛のある「へたな字」に注目して一句に仕立て上げるあたり、俳人の土地への挨拶としては、やはり愛がある。

『甲子園』(1972)より。

(堀切克洋)


🍀 🍀 🍀 季語「今日の月」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
  2. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  3. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】…
  4. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
  5. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  6. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  7. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  8. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】

おすすめ記事

  1. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  3. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
  5. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  6. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  7. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  8. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  9. 【春の季語】余寒
  10. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】

Pickup記事

  1. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  2. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  4. 【冬の季語】狐
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  7. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  8. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  9. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
PAGE TOP