ハイクノミカタ

花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】


花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み

本井英 


クサギの花は、五つに細く裂ける可憐な白花と、それを支える真っ赤な萼が特徴的。名前のもとになっている悪臭は、葉っぱから発せられるもの。

花はいい香りがするので、昼間はチョウが、夕方は大型のガが飛来する。

のちにリンクする自解に、今日は前妻の命日であると書かれているので、芳香と悪臭を併せ持つ「花臭木」を自身に見立て、それでも近くにいつもいてくれる(=「浮かび沈み」)亡き妻のことを偲んでいるのだろう。

男性にとって、蝶はどこか異性を思うところがあるのかもしれないが、この「蝶」は闊達で働き者である。

ふらんす堂ホームページで連載されている「本井英の俳句日記」8月4日分より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  2. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】…
  3. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  4. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  5. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  6. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】…
  7. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  8. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】

おすすめ記事

  1. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  2. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  3. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  4. 【新年の季語】雑煮
  5. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月9日配信分】
  8. 【春の季語】春塵
  9. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  10. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】宝船
  2. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  3. 【秋の季語】九月
  4. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】
  5. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  6. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  7. 【春の季語】蛇穴を出づ
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月2日配信分】
  9. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  10. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
PAGE TOP