ハイクノミカタ

ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ライオンは人を見飽きて夏の果 

久米祐哉 


2020年は、8月7日が立秋。

というわけで昨日が「夏の果」だった。

この時期は夏休みど真ん中だから、動物園は子供連れなどでにぎわっているだろう。

ライオンはネコ科だから「素っ気なさ」はいつものことなのだけれど、人間からすればせっかく見にきたのにこっちを向いてくれない、この「思い通りのいかなさ」が、「夏の果」というちょっぴり夏を惜しむ心情と響きあっている。

俳句賞「25」は、大学生による高校生のための俳句賞。

この句は第1回(2017)の秀句より。

作者の当時の肩書きは「立教池袋高等学校3年」。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
  2. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  3. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】…
  4. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  5. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  6. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  7. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  8. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP