ハイクノミカタ

ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ライオンは人を見飽きて夏の果 

久米祐哉 


2020年は、8月7日が立秋。

というわけで昨日が「夏の果」だった。

この時期は夏休みど真ん中だから、動物園は子供連れなどでにぎわっているだろう。

ライオンはネコ科だから「素っ気なさ」はいつものことなのだけれど、人間からすればせっかく見にきたのにこっちを向いてくれない、この「思い通りのいかなさ」が、「夏の果」というちょっぴり夏を惜しむ心情と響きあっている。

俳句賞「25」は、大学生による高校生のための俳句賞。

この句は第1回(2017)の秀句より。

作者の当時の肩書きは「立教池袋高等学校3年」。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  2. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  3. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  4. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  5. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  6. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  7. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】
  8. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP