ハイクノミカタ

両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】


両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ

三橋敏雄


たとえば、目の前に飴玉がごろりとあるとき、それを目玉みたいだな、と思う。

そのことと、自分の目玉が飴玉みたいだな、と思うことのあいだには、どれほどの開きがあるのだろうか。

たぶん、かなりある。

目玉が「玉」であることは誰もが知っているけれど、現実には「目玉」という実感があるわけではない。

だから、作者はひょっとしたら「飴玉」かもしれない、と思ったのだ。ただそれは、暑い夏の盛りではできない。

少し涼しさが戻って、この眼はひょっとしたら何も見ていないのではないか、という批判的精神が戻ってきたとも読める一句。

『畳の上』(1989)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  2. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実…
  3. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
  4. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏…
  5. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  6. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  7. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  8. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  2. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  3. 【秋の季語】コスモス
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  5. 【春の季語】三椏の花
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
  7. 【#25】写真の音、匂い
  8. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  9. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  10. 【冬の季語】雪降る

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月19日配信分】
  2. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  3. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  4. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  5. 【春の季語】霞
  6. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  7. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】
  8. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  9. 【新年の季語】元旦
  10. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
PAGE TOP