ハイクノミカタ

両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ

三橋敏雄


たとえば、目の前に飴玉がごろりとあるとき、それを目玉みたいだな、と思う。

そのことと、自分の目玉が飴玉みたいだな、と思うことのあいだには、どれほどの開きがあるのだろうか。

たぶん、かなりある。

目玉が「玉」であることは誰もが知っているけれど、現実には「目玉」という実感があるわけではない。

だから、作者はひょっとしたら「飴玉」かもしれない、と思ったのだ。ただそれは、暑い夏の盛りではできない。

少し涼しさが戻って、この眼はひょっとしたら何も見ていないのではないか、という批判的精神が戻ってきたとも読める一句。

『畳の上』(1989)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)…
  2. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  3. 鳥の恋漣の生れ続けたる       中田尚子【季語=鳥の恋(春)…
  4. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季…
  5. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  6. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】
  7. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  8. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP