ハイクノミカタ

人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

人悼む時のみぞおち青嵐

藤井あかり


火葬場を出ると、瑞々しい木々から少し強めの風が吹く。小説であれば、ああでもない、こうでもないと内面をまどろっこしく描写できるのだろうが、俳句では「みぞおち」とだけ言うのみ。「みぞおち」は、胸と腹のちょうどあいだ、身体のちょうど中央にある。大切な人がこの世からいなくなった欠如感が、この部位に感じられるわずかな痛みと照応している。「俳句界」2019年3月号より。(堀切克洋)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  2. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  3. 数と俳句(四)/小滝肇
  4. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  5. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  6. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  7. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  8. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】人日
  2. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  4. 【#18】チャップリン映画の愉しみ方
  5. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  7. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  9. 【春の季語】黄水仙
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート

Pickup記事

  1. 紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子【季語=紫陽花(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
  3. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  5. 【秋の季語】秋風
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  7. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  8. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  9. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  10. 【夏の季語】サイダー
PAGE TOP