ハイクノミカタ

人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

人悼む時のみぞおち青嵐

藤井あかり


火葬場を出ると、瑞々しい木々から少し強めの風が吹く。小説であれば、ああでもない、こうでもないと内面をまどろっこしく描写できるのだろうが、俳句では「みぞおち」とだけ言うのみ。「みぞおち」は、胸と腹のちょうどあいだ、身体のちょうど中央にある。大切な人がこの世からいなくなった欠如感が、この部位に感じられるわずかな痛みと照応している。「俳句界」2019年3月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  2. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  3. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  4. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  5. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  6. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬…
  7. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  8. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP