ハイクノミカタ

初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

初鰹黒潮を来し尾の緊まり

今瀬一博


ご存知のように、鰹は旬が二度あるめずらしい魚。3月ごろ、九州の南の方から黒潮にのって北上し、8月頃には北海道の南まで辿り着くと、そこから今度は産卵に備えて南下してゆく。後者はいわゆる「戻り鰹」で、脂ののったもっちり感がたまらない。一方で、掲句で詠まれているのは「初鰹」。餌を求めて太平洋を北上していく鰹の「尾の緊まり」に焦点を当てていることで、そのでっぷりとしながらも引き締まった体躯が見えてくる。省略は俳句の勘所だとはよく言われるが、「尾の緊まり」でその他の部分を置き換えたわけではなく、その他の部分を暗示させているところが技法である。「初鰹」という季語もまたそうで、秋になって南へと戻ってくる鰹の一生もまた見えてくる。「俳句四季」2020年6月号より。(堀切克洋)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】…
  2. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  3. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井…
  4. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  5. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  6. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  7. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  8. 萩に雨こんな日もなければ困る 中原道夫【季語=萩(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP