ハイクノミカタ

原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

原爆忌誰もあやまつてはくれず

仙田洋子 


この句が収められている句集には、〈秋の暮なにがあやまちだつたのか〉という句があり、もちろん身辺の些細なトラブルとも読めなくもないのだが、しかし三橋敏雄が〈あやまちはくりかえします秋の暮〉と詠んでいる以上、この句も敗戦のコンテクストで読まれるべきだろう(三橋の句は広島の平和記念公園の碑に「繰り返しません」と書いてあることを下敷きにしている)。さて、謝るべきは、誰だろうか。アメリカ人の多くがいまだに原爆投下を「正当化」していることは悲しいことだし、日本のなかにも「あれは侵略戦争ではなかった」と歴史を修正にかかる論者も少なくない。だが、一般市民が完全に被害者かといえば、そうではないようにも思う。戦争に踏み込んでいく時点で、いったい誰が原爆投下を想像できただろうか、と開き直ることはもちろんできるけれど、「最悪の可能性」を私たち市民は考えなければならない。そんな問いかけが、「誰もあやまつてはくれず」という空虚から、混沌の現代を生きる私たちへと、リバウンドしてくる。『はばたき』(2019)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】…
  2. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  3. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  4. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  5. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  6. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  7. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  8. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP