ハイクノミカタ

天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】


天高し風のかたちに牛の尿

鈴木牛後


たとえば、(夏の季語である)噴水が「風のかたちに」吹かれていても、俳句としては「ああ、そうですよね」で終わってしまう。

それは誰もがよく見る景で、想像することも難しくはないからだ。しかし「牛の尿」は、どうか。

作者は牧場で「牛飼い」をしているが、さりとて日常的というわけではなく、牛を見ることなく生活している多くの人にとっては、なおさらだ。

というよりも、「尿」(俳句では「しと」と二音で読む)は、生物のからだから「排泄」されるものであり、その意味でいえば、「きれい」なものではないが、秋空高く、おおどかな風に煽られて散ってゆく尿は、むしろ美しくさえある。

牛の尿を「美しい」という感じることは、俳人として「まっとう」な感性であるが、真似してみよと言われても、なかなか真似できるものではない。おそらく、この句を特徴づけているのは、言葉のうえでの技巧(「汚い」とされているものを「きれい」な光景と「取り合わせる」)でさえなく、むしろ「牛の尿」に目がいってしまう感受性が先行しているのだと思う。

いいかえれば、「天高し」から逆算的に「牛の尿」が発想されているのではなく、逆に「牛の尿」のおかげで、「天高し」がリアリティをもって、作者の肉体に感じられている。季語に肉体性を持たせているのは、むしろ「牛の尿」のほうなのだ。

「俳句」2019年12月号より。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  2. すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋【季語=蝶(春)】
  3. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  4. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋…
  5. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  6. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花…
  7. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  8. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】年忘れ
  2. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」
  3. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】
  4. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  5. 【秋の季語】花野/大花野
  6. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  8. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  9. 【春の季語】菜種梅雨
  10. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春の雨
  2. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  3. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  4. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  5. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  6. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  9. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】
  10. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
PAGE TOP