ハイクノミカタ

川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

川を見るバナナの皮は手より落ち

高濱虚子


初出は、1935年でこれにより「バナナ」が夏の季題となった。とてつもなく有名な句だが案外、この句の「川」と「皮」が同音意義語であることに触れた鑑賞というのは、少ない気がする。当たり前すぎるからかもしれないが、まったくの偶然ということはないだろう。さて、「皮」には「身=バナナ」という対応物があるが、「川」はいかに。川の「身」とは滔々と流れてゆく水である。もちろん、その水のことを「川」と呼ぶのだけど、時間に沿って生々流転するのは、「川/皮」ではなく、その「身=バナナ/水」のほう。そんなふうに、バナナの「皮」ひとつから、川の川性について考えてしまう、哲学的(?)な句でもある、なんちゃって。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  2. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】…
  3. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  4. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】
  5. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】
  6. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  7. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  8. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP