ハイクノミカタ

猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】


猫じゃらし全部さわって二年生 

小川弘子


歳時記には「狗尾草」や「ゑのこ草」という古風な言い方が幅をきかせているが、日常的には圧倒的に「猫じゃらし」である。つまり、犬から猫へのレジームチェンジがおきている。

そんなことはどうでもよくて、この句、やっぱり「二年生」が面白い。

では、なぜ「一年生」ではダメなのかといわれると、語呂が悪いということもあるが、やはり「全部」という言葉と「一」という言葉が合わないのである。

では、なぜ「三年生」ではダメなのかといわれると、これまたリズムが悪いということもあるが、この学年になると、急に大人びる(あるいは、勉強がすごくできてしまう/できなくなる)子供が増える。ギャングエイジのはじまりである。いろいろな意味で差がつきはじめる年なので、「三年生」はやはり説得力に欠けるのだ。

「二年生」、一見すると中途半端な面白さを狙っているようでいて、これがまったく動かないのである。もちろん、この子は紫陽花でも同じことをやるのだろうし、スーパーなどでは野菜や果物に触って親を困らせるのだろうけど、俳句的には「猫をじゃらす」ための草、というところでこれまた季語が動かない。

猫のように「じゃらされている」二年生の男の子、あるいは女の子。そのあふれる好奇心は、秋風の吹くままにある。

『We are here』(2020)より。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  2. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)…
  3. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  4. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  5. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  6. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  7. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  8. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】…

おすすめ記事

  1. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  2. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
  4. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  5. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  6. 【冬の季語】忘年
  7. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  8. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)
  9. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
  10. 【冬の季語】凍る

Pickup記事

  1. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  2. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  3. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  4. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  5. 【冬の季語】聖夜劇
  6. 【秋の季語】松茸
  7. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  8. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  9. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
  10. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
PAGE TOP