ハイクノミカタ

神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

神は死んだプールの底の白い線

高柳克弘


ニーチェ後の世界を一言でいうならば、客観性そのものの定義が揺らぎ、一種の相対主義へと陥ったことだ。それは21世紀に入って「ポスト・トゥルース」という標語とともに、ますます混迷を極めている。掲句において、プールの底の白い線はたしかにそこに「ある」のだが、それは水のきらめきとともに、ゆらゆらと、不確かにゆらめいている。俳句でいえば、それは季語の「本意・本情」のようなものだろう。それは確かに「ある」のだが、時代変われば、それを支えている伝統の解釈も変わる。見る人が変われば、「白い線」の見え方は変わる。誰もがプールの底に「白い線」が「ある」と信じられていた時代は、それこそ水の向こう側に、まばゆい残像を残すのみである。『寒林』(2016)より。(堀切克洋)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  2. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  3. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)…
  4. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  5. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏…
  6. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片…
  7. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】…
  8. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP