ハイクノミカタ

神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

神は死んだプールの底の白い線

高柳克弘


ニーチェ後の世界を一言でいうならば、客観性そのものの定義が揺らぎ、一種の相対主義へと陥ったことだ。それは21世紀に入って「ポスト・トゥルース」という標語とともに、ますます混迷を極めている。掲句において、プールの底の白い線はたしかにそこに「ある」のだが、それは水のきらめきとともに、ゆらゆらと、不確かにゆらめいている。俳句でいえば、それは季語の「本意・本情」のようなものだろう。それは確かに「ある」のだが、時代変われば、それを支えている伝統の解釈も変わる。見る人が変われば、「白い線」の見え方は変わる。誰もがプールの底に「白い線」が「ある」と信じられていた時代は、それこそ水の向こう側に、まばゆい残像を残すのみである。『寒林』(2016)より。(堀切克洋)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  2. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)…
  3. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセー…
  4. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  5. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  6. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  7. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】…
  8. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】

おすすめ記事

  1. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  2. 【冬の季語】枯野
  3. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  4. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  5. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  6. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  7. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  8. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  9. 【春の季語】初桜
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)

Pickup記事

  1. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  2. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  3. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  4. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  6. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  8. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  9. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  10. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
PAGE TOP