ハイクノミカタ

花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

花言葉なき一生を水中花 

杉阪大和


「水中花」というと、どうしてもフェイクで安っぽいイメージがつきまとうが、一生枯れることのないその徒花にただよう淋しさを、掲句はうつくしく詠みとめている。おそらく、去年も、一昨年もテーブルの同じ場所に、同じ角度で、同じ色で飾られていたのだ。来年も、再来年もきっとそう。おそらく、その平凡さと変化の乏しさに作者が自分に重ねている部分もあり、それゆえにいくばくかの反骨心というか、水中花が逆に花言葉を獲得してしまいそうなポジティブさまで、感じられる。第二句集『思郷』(2019)より。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 
  2. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  3. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  4. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  5. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  6. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  7. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】
  8. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】

おすすめ記事

  1. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  2. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  3. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  4. 【夏の季語】虹
  5. 【夏の季語】薔薇
  6. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
  7. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  8. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  9. 【秋の季語】末枯る
  10. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】

Pickup記事

  1. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  2. 【#46】大学の猫と留学生
  3. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  4. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  5. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  7. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  8. 【冬の季語】雪達磨
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢
  10. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
PAGE TOP