ハイクノミカタ

花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

花言葉なき一生を水中花 

杉阪大和


「水中花」というと、どうしてもフェイクで安っぽいイメージがつきまとうが、一生枯れることのないその徒花にただよう淋しさを、掲句はうつくしく詠みとめている。おそらく、去年も、一昨年もテーブルの同じ場所に、同じ角度で、同じ色で飾られていたのだ。来年も、再来年もきっとそう。おそらく、その平凡さと変化の乏しさに作者が自分に重ねている部分もあり、それゆえにいくばくかの反骨心というか、水中花が逆に花言葉を獲得してしまいそうなポジティブさまで、感じられる。第二句集『思郷』(2019)より。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  2. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  3. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  4. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  5. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史
  6. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  7. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  8. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP