ハイクノミカタ

茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌

竹中宏


歳時記に遊んでいる句ともいえるが、こういう句を見るとやられた、と思う。季語が「三つ」入っている句といえば、〈目に青葉山ほととぎす初鰹〉(山口素堂)が有名だけれど、掲句の句のほうがウィットに富んでいる。

川端茅舎の命日は7月17日、そして草田男の命日は8月5日。しかも「草田男忌」の有名な句といえば、〈炎天こそすなはち永遠の草田男忌〉(鍵和田秞子)がある。その「炎天」が、句は茅舎の命日からずっと続いてきた、という気づきはなかなか真似できるものではないだろう。

「毎日暑いよね」という誰にでも思いつく言葉に、俳句的ウィットが加わると、こんな具合となる、というわけだ。

ちなみに両者のあいだには三つの俳人の命日がある。すなわち、秋櫻子忌(茅舎と同じ7月17日)、河童忌(7月24日)、不死男忌(7月25日)である。

ところで、忌日をふたつ入れた句というのは、他にどのくらいあるのだろう。あるにはあるだろうが、けっして多くはないはずだ。そう思うと、この句は「二忌日俳句」という難問パズルのような句であり、作者は、歳時記というゲームを遊びこなしているともいえる。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  2. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  3. つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子【季語=燕(春)】
  4. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  5. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  6. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  7. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  8. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】林檎
  2. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  3. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
  6. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  7. 【冬の季語】兎狩
  8. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  9. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男

Pickup記事

  1. 【冬の季語】炬燵
  2. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  6. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】
  7. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  8. エッフェル塔見ゆる小部屋に雛飾り 柳田静爾楼【季語=雛飾り(春)】
  9. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  10. 【冬の季語】年忘れ
PAGE TOP