ハイクノミカタ月野ぽぽな

  1. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】

    とび・からす息合わせ鳴く小六月城取信平〈小六月(ころくがつ)〉は、新暦の10月下旬から12月上旬にあたる、旧暦10月の異称。立冬をすぎてもすぐには厳しい寒さは訪れず、雨風が少なく、春を思わせる暖かい…

  2. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】

    木の中に入れば木の陰秋惜しむ大西朋〈秋惜しむ〉とは、過ぎ去…

  3. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】

    真っ白な番つがいの蝶よ秋草に木村丹乙〈蝶〉は春の…

  4. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】

    おなじ長さの過去と未来よ星月夜中村加津彦〈おなじ長さの過去…

  5. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】

    一番に押す停車釦天の川こしのゆみこ乗車のバスは進行中。そろ…

  6. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  4. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  5. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  2. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  5. 【#19】子猫たちのいる場所
PAGE TOP