ハイクノミカタ篠崎央子

  1. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】

    春ショール靡きやすくて恋ごこち檜紀代(『木染月』) 古代日本では、1年の始まりは春であった。桜の花が咲き始めると田畑を耕し種を蒔く。作物の成長から収穫、冬への保存に向けて長い1年が始まる。現代でも新…

  2. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】

    サイネリア待つといふこときらきらす鎌倉佐弓(『潤』) サイ…

  3. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】

    さくら貝黙うつくしく恋しあふ仙田洋子(『橋のあなたに』) …

  4. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

    椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ池田澄子(『ゆく船』) 椿…

  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】

    沈丁や夜でなければ逢へぬひと五所平之助(『五所亭俳句集』)…

  6. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】

  7. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】

  8. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】

  9. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=バレンタインデー(春)】

  10. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】

  11. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】

  12. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP