ハイクノミカタ篠崎央子

  1. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】

    誰をおもひかくもやさしき雛の眉加藤三七子(『無言詣』)3月3日は桃の節句である。古代中国では、桃は邪気を祓うと考えられており、その花の開花する時期に定められた式日であった。桃は花も実も若い女性を思わ…

  2. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】

    海苔あぶる手もとも袖も美しき瀧井孝作(『海ほほづき』)海苔…

  3. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】

    鳥の恋いま白髪となる途中鳥居真里子(『鼬の姉妹』) 鳥の繁…

  4. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】

    魚は氷に上るや恋の扉開く青柳飛(「天為」) 俳人の間で「歳…

  5. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】

    寒いねと彼は煙草に火を点ける正木ゆう子(『水晶体』) 人は…

  6. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】

  7. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】

  8. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】

  9. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】

  10. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】

  11. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】

  12. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】海苔
  2. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】

Pickup記事

  1. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  2. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  3. 【第25回】新しい短歌をさがして/服部崇
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  5. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
PAGE TOP