ハイクノミカタ篠崎央子

  1. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】

    待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり涼野海音(『一番線』) 赤い羽根は、10月1日より1ヶ月間に渡る社会福祉事業資金募集の運動で、駅などで募金をし、寄付した人に与えられる。俳句では秋の季語なのだが、ずっと…

  2. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】

    男色や鏡の中は鱶(ふか)の海男波弘志(『阿字』) 男色とは…

  3. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】

    愛かなしつめたき目玉舐めたれば榮猿丸(『点滅』) フェチシ…

  4. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】

    「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で楠本憲吉『楠本憲吉集』…

  5. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】

    しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実後藤比奈夫(『初心』) 女…

  6. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】

  7. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】

  8. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】

  9. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】

  10. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

  11. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】

  12. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP