ハイクノミカタ阪西敦子

  1. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】

    生垣や忘れ一葉を落し掃く村尾公羽(むらお・こうう))今週の初めは立秋、朝の空の色や、夜風が少し変わった気がするここ数日、休みの谷間の金曜をお知らせします。そうはいっても朝から暗くなるまで、連…

  2. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】

    七夕のあしたの町にちる色帋麻田椎花(あさだ・すいか))ただ…

  3. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】

    大阪の屋根に入る日や金魚玉大橋櫻坡子(おおはし・おおはし))…

  4. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】

    盥にあり夜振のえもの尾をまげて柏崎夢香(かしわざき・むこう))…

  5. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】

    行く涼し谷の向うの人も行く原石鼎(はら・せきてい))降る降…

  6. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】

  7. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】

  8. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】

  9. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】

  10. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】

  11. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】

  12. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP