ハイクノミカタ阪西敦子

  1. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

    まどごしに與へ去りたる螢かな久保より江(くぼ・よりえ)寒暖の差とは、春先に使われる言葉で、立夏からもう2週間も経とうとしている東京にはうむむむむむ…。今週後半は20度後半だった気温も、日曜にはまた2…

  2. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】

    日蝕の鴉落ちこむ新樹かな石田雨圃子(いしだ・うほし)休み明…

  3. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】

    白牡丹四五日そして雨どつと高田風人子(たかだ・ふうじんし)…

  4. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】

    春暁のカーテンひくと人たてり久保ゐの吉(くぼ・いのきち)夢…

  5. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】

    かゝる世もありと暮しぬ春炬燵松尾いはほ(まつお・いわお)頼…

  6. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】

  7. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】

  8. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】

  9. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】

  10. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】

  11. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】

  12. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP