「港」

  1. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】

    若き日の映画も見たりして二日大牧広先日、初めて黒澤明監督の『用心棒』を観たところ、プロレスラーのジャイアント馬場が出ていて驚いた。その後、それがジャイアント馬場ではないことを知ってもっと驚いた。羅生…

  2. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

    駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風大牧広(『大牧広全句集』ふらんす堂)…

  3. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】

    火事かしらあそこも地獄なのかしら櫂未知子(『櫂未知子集』『カムイ』)…

  4. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】

    春は曙そろそろ帰つてくれないか櫂未知子女の部屋で一夜を共に…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎

    行きつ戻りつ銀漢亭髙坂小太郎(「銀漢」「牧」所属)わたくし…

  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広

  7. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】

  8. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)

  9. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】

  10. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】

おすすめ記事

  1. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  2. 鉄橋を決意としたる雪解川 松山足羽【季語=雪解川(春)】
  3. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  5. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】

Pickup記事

  1. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  2. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  3. 【新年の季語】初詣
  4. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  5. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
PAGE TOP